代表取締役ご挨拶

ASPの沿革・今後の方針


kubota-small_1.jpg

代表取締役 久保田 宜孝

私たちエーエスピーグループは2014年の春に新潟県長岡市に
ASP警備株式会社として誕生しました。
前身は群馬を拠点とする警備会社で、中越沖地震後の復旧工
事に2007年頃より多く携わり、新潟県内の業者様と深くつな
がりを持つようになりました。

現在は、交通誘導をメインにイベント警備・保安警備業務・
JR列車見張業務等の業務を行なっております。

2017年からは警備業の関連取引先様からの依頼によって、
新たな業務「短時間就労仲介業務」に携わることになりま
した。

この事業は短時間で不定期な簡単作業の依頼を、県内の福祉
施設樣と情報共有して新たな雇用を生み出そうという取り組
みになります。

この事業により今まではなかなか請け負う業者が見つからな
かった業務内容に対し、効率よく元請け様のお手伝いが可能
になる事と、障がいをお持ちの方々が、より一層社会で活躍
できる場の提供を支援出来る事に繋がると確信しております。




私の使命と約束

その昔、交通誘導の警備員は
周りからは「棒振り」などと呼ばれ
立場的に軽視されていた頃がありました。


現在は、世間でも安全に対する意識が高まり
交通誘導警備員の価値は昔から比べると
向上してきているように思われます。


そんな現場で、安全を守る為に日夜働く警備員たちに対し
その努力にを報いるよう、少しずつでも本人たち警備員への
より良い評価や新しい待遇の制度を考えなければ、
今後の新しい警備員を育て上げ、現場の警備員数の増加を
図る事は難しい時代になってくるように思います。


私たちの会社では、そうした今後警備を目指す仲間が
自信と誇りを持って仕事ができるような環境改善に
取り組まなければならないと考えております。


これからの警備員と私たち企業の成功と未来を信じて!